• 家つくりへの想い
  • 外断熱工法
  • 地震に強い家づくり
  • 施工実例
  • ただいま施工中
  • 二世帯住宅/プランの提案
  • 会社概要

制震工法

大地震の揺れを最大70%軽減します

地震対策で最先端をいき最も揺れを抑える仕組みは「免震工法」です。しかし、欠点をあげるとすれば、コストがかかりすぎてしまうこと。さらに、定期的なメンテナンスも必要です。そこで、緑建設が標準仕様で取り入れているのが「制震工法」です。


 


地震の揺れに対してガチガチに固めて耐えようとする「耐震工法」に対し、「制震工法」は粘りや吸収という考え方で、地震エネルギーを弱めることを目的としています。

これは、梁・土台・柱の筋交いとの接点に、地震の揺れを吸収する制震ダンパーを取り付けることで、震度7の地震でも最大70%軽減できる仕組みです。メンテナンスも必要ないので、ランニングコストも発生しません。


緑建設が採用するGVA工法は、住宅のショックアブソーバです。

GVA工法 で造る制震住宅は、粘りや吸収という考え方で、建物が受ける地震エネルギーを減衰させるもので、建物の変形を小さく、応答加速度も小さくする画期的工法です。超高層ビルにも多く採用されている考え方です。

また、当社の制震ダンパーには、信頼と実績の住友スリーエム製のダンパーを採用しています。


制震金具の制震のしくみは下図のように、建物が揺れると梁と土台のダンパーが左右にずれるように動き、二つの金具の間にサンドイッチされた粘弾性体が変形する際に、金具の動きに抵抗する力を発揮しながら衝撃を吸収します。

つまり「GVA工法」により木造建物は地震に対して一層粘り強く、壊れにくいものに生まれ変わるのです。


「耐震」は家づくりにおいて当たり前の強度です

「制震」は、万が一大地震が起きても、躯体への致命的な損傷や家具の転倒など防ぐことができ、継続して安全に暮らしていくことができます。一方「耐震」だけでは、大地震を乗り切ったとしても、壁の損傷が激しかったり家具が転倒したりと、暮らしの再建には時間とコストがかかることになるでしょう。

住まいをガッチリ頑丈につくる「耐震」は、住宅会社としては当然のことで、そのうえで地震のエネルギーをどう抑えるか。ここが、いつまでも安全快適に暮らしていくポイントです。

緑建設では、ご予算やご希望により、フクビ REQダンパー での施工もしています。