• 家つくりへの想い
  • 外断熱工法
  • 地震に強い家づくり
  • 施工実例
  • ただいま施工中
  • 二世帯住宅/プランの提案
  • 会社概要

地震対策の種類と比較

3タイプの地震対策

地震対策には主に「耐震」「制震」「免震」といった3種類があり、それぞれの特徴は、以下の通りです。

緑建設では、オリジナルの「制震外断熱工法」で、地震にも強い住まいを提案しています。

  • 揺れに耐える【耐震工法】
    土台・柱・梁・筋交い・基礎などを、構造用合板や金物でガッチリ補強・結合し「揺れに耐える」構造を生み出します。
  • 揺れを吸収する【制震工法】
    構造体の結合部分に制震装置を取り付け、衝撃や揺れを吸収します。
  • 揺れを最小限にする【免震工法】
    建物と基礎との間に積層ゴムや鋼球などを設置。建物と地盤を切り離し、衝撃を最小限に抑えます。
耐震工法 制震工法
(GVA工法)
免震工法
(IAU型)
大地震での建具損傷 △(有) ○(小) ◎(無)
揺れへの衝撃感 △(大) ○(中) ◎(小)
コスト ◎(40万) ○(80万) △(400万)
軟弱地盤への適用 ○(適) ○(適) △(不適)
風対策 ○(有) ○(有/筋かいと併用) ○(有)
メンテナンスコスト ○(有) ○(無) ○(有)
大地震直後の補修費 △(多) ○(少) ◎(少)

※上記のコストは建坪35坪の場合に加算される費用です。