• 家つくりへの想い
  • 外断熱工法
  • 地震に強い家づくり
  • 施工実例
  • ただいま施工中
  • 二世帯住宅/プランの提案
  • 会社概要

パネルシェード

リフォームで在宅勤務を快適に!

新型コロナウイルスの影響で「在宅勤務」や「テレワーク」など、出社せずに自宅で仕事をする在宅ワークが注目を集めています。そして、インターネットの通信速度の向上や、オンラインでのコミュニケーションツールの進化により、今後、益々拡大していくことが予想されます。


ただ、在宅ワークには、満員の通勤電車からの解放、仕事と子育てのライフワークバランスの充実など大きなメリットがある反面、実際にやってみると不便さを感じる方も多く、以下のようなことをよく耳にします。


・家族の声や生活音が気になる

・テーブルやイスが仕事に適していない

・テレビや雑誌など仕事以外のものが目に入り集中できない

・コンセントや配線の取り回しに苦労する

・食事や家族のタイムテーブルに合わせて片づける必要がある

・テレビ会議のとき、背景に自宅の生活空間が映ってしまう


また、パソコンや資料を広げて作業をすることができる快適なワークスペースにするためには、最低でも1.5畳から2畳くらいの広さが必要です。仕事専用の部屋があれば問題ありませんが、そのために1部屋を確保するのは難しいのが現状ではないでしょうか。


緑建設では、完全に独立した部屋を確保することが難しい場合でも、寝室やリビングの一角、クローゼット部分の改築、ロフトスペースの増築など、各ご家庭の状況に合わせて快適な空間づくりのためのご提案をさせて頂きます。


在宅ワークスペース 在宅ワークスペース

※画像をクリックすると拡大します。

造り付け家具で無駄をなくし、限られたスペースを最大限活かす

快適なワークスペースの構築は、ただ作業スペースを作り出すだけでは実現できません。限られたスペースを最大限活かすための工夫と技術が必要です。


例えばコンセントやLANジャックの位置。必要な機器の種類や配置、台数などをあらかじめ考えて、コンセントをどこに何口設置したらよいのか。インターネットは有線が必要なのかWIFIにするのか。配線はどのように取り廻すのか。

そして意外と忘れがちなのが照明です。天井についた家庭用の照明では光が弱いことがあるため、ワークスペースには専用の照明を設置することをお勧めします。


緑建設ではオーダー家具の製作と販売をしている家具工房も自社で運営しています。

わずかなデッドスペースも残さず、使いやすい机やイス、書棚など、完全カスタマイズの造り付け家具を自社製作ならではの特価でご提供させて頂きます。

ご提案事例

ワークスペースを作るにあたっては、生活動線やご家族の生活パターンなども考慮することが大切です。

例えば小さなお子様の様子がいつでもわかるように室内窓を設けたり、一日の間で時間によってご家族と交代で使ったり、使い方を変えたりするのもいいでしょう。

既存の部屋とのつながり、家族構成、生活動線なども考慮したご提案を致します。
在宅ワークスペース

リビングの一角を小部屋に


リビング隅の1畳半ほどを壁と扉で区切るワークスペース。机、収納棚など、自由にレイアウトが可能です。

在宅ワークスペース

寝室のクローゼットをワークスペースに


これまでは寝る時だけにしか使わなかった寝室。昼間は仕事場、夜は寝室と、同じ部屋でも時間を区切って使い分けられるようにすることができます。

在宅ワークスペース

リビングダイニングの壁に仕事場とお子様の勉強スペース


一枚板の長いテーブルに並んで使用。お子様の勉強も見守れます。

在宅ワークスペース

吹き抜けに面したワークスペース


吹き抜け3階にワークスペース造作。窓からは光が差し込み、開放的な空間になりました。

在宅ワークスペース

1.5畳の独立した書斎


ドアを開けた部屋には、約2mの作業テーブルと、その背面に大容量の書棚を造作。テーブルの上の書棚は、作業しやすいように、下のほうの棚板の奥行きを短くしています。

在宅ワークスペース

アトリエ兼作品収納庫


アート制作に必要十分な作業テーブルを設置しつつ、材料や作品の収納スペースを確保しました。