• 家つくりへの想い
  • 外断熱工法
  • 地震に強い家づくり
  • 施工実例
  • ただいま施工中
  • 二世帯住宅/プランの提案
  • 会社概要

パネルシェード

パネルシェードとは

輻射冷暖房システム「パネルシェード」は、冷水や温水を直接パネル内に通し、その輻射(ふくしゃ)により部屋(空間)全体を冷やしたり暖めたりする全く新しい発想による冷暖房システムです。


夏でも冬でも、部屋全体を快適な温度に調整できる。それが「パネルシェード」の特性です。


輻射(ふくしゃ)とは、物体から物体に直接熱が伝わる現象のことをいい、パネルシェードからの輻射(遠赤外線)により、天井、壁、床などを直接冷やしたり、暖めたりすることで、その空間全体を快適な温度にします。


冷気、暖気を吹き出して室温を調節するエアコンとは、部屋の冷え方、暖まり方が基本的に異なり、数々の画期的な特徴をもつ次世代冷暖房システムとして評価が高まっています。


パネルシェード

パネルシェードの特徴

「パネルシェード」は、身体にやさしく、快適な冷暖房システムです。小さなお子様やお年寄りにも安心で、室温の変化がおだやかなので肌にもやさしく健康的です。


天井から床まで室内の各箇所の温度をほぼ均一に保つことができます。


空気が汚れず、送風音も発生しないため、静かで健康的です。


輻射熱による冷暖房のため、空気が乾燥しすぎることがありません。


エアコンのような風を起こさないため、チリやホコリの舞い上がりがありません。


運転停止後も室温をそのまま保ちやすく、持続性に優れています。


他の冷暖房機器と比較して省エネルギーの実現が可能です。


掃除は表面についたホコリや汚れをふき取る程度。お手入れが簡単です。

輻射冷暖房の仕組み

パネルシェードは、壁、床、天井を直接暖めたり冷やしたりしますので、冷えすぎ、温めすぎをなくし、心地の良い温度を体感いただけます。またエアコンのような風がないため、いわゆる冷房病の心配や、チリ、ホコリの舞い上がりがなく衛生的です。


そして室温の上昇が緩やかなので乾燥しにくく、より快適で健康的な暮らしを実現します。

暑い夏に「木陰のような爽やかな涼しさ」、寒い冬に「日だまりのような自然なぬくもり」そんな快適な暮らしをかなえます。


また、ヒートポンプ式冷温水熱源機との組み合わせにより、省エネの実現が可能となりました。消費電気のエネルギーを約4倍まで効率的に利用するので、電気の使用量を抑えます。更にCO2の排出量も削減し、経済性と環境に配慮した優れたシステムです。


パネルシェードパネルシェード

※画像をクリックすると拡大します。

外断熱工法と抜群の相性

パネルシェードは輻射による冷暖房で、家中を効率よく冷やしたり暖めたりすることができますが、さらに外断熱工法と組み合わせることで最大の効果を得ることができます。


当社が長年施工してきた外断熱工法は、柱などの構造体の外側から板状の固形断熱材を張り巡らせ、住まい全体を隙間なくすっぽり包んでしまう工法で、極めて高い気密・断熱性能を実現します。


この高い気密と断熱性により、外の冷気や暖気をシャットアウトし、屋内の気温をポットの中のお湯のように保ち続けます。

すなわち、パネルシェードにより調節された家中の気温を保ち続けることができるのです。

これは、高気密、高断熱の外断熱工法ならではの大きな利点です。

パネルシェード

パネルシェード

システム構成の概要

ヒートポンプ式冷温水熱源機(室外ユニット)1セットで最大7台まで接続できます。また、複数台接続した場合には、別途ルームコントローラー及び熱動弁を設置すれば、ON/OFF操作、設定温度の調節など、各々個別の運転も可能です。


右図は4台設置し、個別にルームコントローラーを設置した場合のイメージ図です。各お部屋ごとに温度調節が可能です。

パネルシェード

※画像をクリックすると拡大します。

パネルシェードの設置例

より快適な生活のために、様々な構成でお客様のニーズにお応えします。

パネルシェード

※画像をクリックすると拡大します。

施工実例

実際の施工例をご覧いただけます。

パネルシェード

緑建設モデルハウス

●地域/神奈川県相模原市緑区

●竣工/2017年12月

●延床面積/87.57㎡(26.48坪)

●設置台数/5台


パネルシェード

M様邸新築工事

●地域/東京都八王子市

●竣工/2018年11月

●延床面積/115.10㎡(34.81坪)

●設置台数/6台


パネルシェード

K様邸新築工事

●地域/神奈川県相模原市緑区

●竣工/2019年2月

●延床面積/104.33㎡(31.55坪)

●設置台数/6台