• 家つくりへの想い
  • 外断熱工法
  • 地震に強い家づくり
  • 施工実例
  • ただいま施工中
  • 二世帯住宅/プランの提案
  • 会社概要

外断熱工法とは?

いつまでも快適な外断熱工法

従来の断熱工法は、主に「内断熱工法」と呼ばれ、柱などの構造体の隙間にグラスウールなどの繊維系断熱材を充填する工法です。断熱先進国の北欧や北米の大部分の住まいもこの工法で建てられています。しかし高温多湿の日本では実は不向きな工法で、壁内に結露が発生しやすくカビや腐食、断熱材の脱落の原因に。新築時をピークに、年々断熱性能が失われていく欠点がありました。


一方で近年注目を集め、大手ハウスメーカーさんでも取り組み出しているのが外断熱工法(外張り断熱工法)です。これは柱などの構造体の外側から板状の固形断熱材を張り巡らせ、住まい全体を隙間なくすっぽり包んでしまう工法です。極めて高い気密・断熱性能を実現し、壁内部と居住空間に温度差がなくなり結露も抑制します。


制震外断熱住宅

外断熱工法のメリット

外断熱住宅は、例えるなら魔法瓶の中のような住空間を生み出します。

断熱材が柱などの外側にあるため、断熱材が切れ目なく連続し、安定した高い断熱性・気密性が実現できます!

  • 優れた断熱性能で、省エネ住宅を実現。冷暖房コストが大幅に節約できます。
  • 一般的には熱気がこもるロフトスペースや小屋裏も、居住空間と変わらぬ快適空間として有効活用できます。
  • 結露や雨漏りの心配がほとんどないため、柱などの構造材が腐りにくい高耐久住宅です。
    また、結露から生じるカビや、そのカビをえさにするダニの心配も少なく家族が健康的に暮らせます。
  • 工場での量産型住宅ではなく、個性的なこだわり住宅向きの工法です。


従来の内断熱工法の住まいでは、目に見えない「壁内結露」が発生しているケースがほとんどでした。これにより腐朽菌が発生して断熱材はもちろん、躯体構造そのものを腐らせていたのです。住まいの寿命を縮めるばかりか、暮らす人の健康さえ脅かす可能性がありました。


「結露の発生で腐ってしまった壁の中」

「結露の発生で腐ってしまった壁の中」


ただ、住まいと人にとってどんなに健康的な工法でも、大きな地震で家具が転倒してきたり、ましてや倒壊してしまっては安心・安全に暮らすことはできません。そこで当社では、地震の揺れを大幅に軽減する「制震装置」を柱・梁・土台と筋交いの連結部分に取り付けています。内部に断熱材を詰め込む「内断熱工法」とは異なり、空洞になった壁内にこの制震装置が取り付けられるため、気密・断熱性能には全く影響がありません。